treasure

ニッポンヴィジョンズ審査員特別賞受賞作品 日本零年三部作第二部、『DUAL CITY』の情報は→ http://ek-stase.under.jp

日本零年三部作、第一作『イリュミナシオン』予告編

リビドー(1) Libido ⅰ

 

f:id:yoknahasegawa:20130101041126j:plain

f:id:yoknahasegawa:20130101041225j:plain

f:id:yoknahasegawa:20130101045038j:plain

 

f:id:yoknahasegawa:20130101045228j:plain

 

 

f:id:yoknahasegawa:20130101051108j:plain 

 

 special thanks:naohiro utagawa

 

 

 

con palabras,bajo la ceniza

film-

エスとペトロの言葉。

「私があなたを愛しているのはあなたがご存知です」

このセリフが時たま到来するのはなぜだろうか

でも、この言葉の中には、slaveの感覚があるなと今思った。

 

今回は、宗教への憧れは封印し、私の楽天主義の部分からは距離を置く必要がある

私にとってキリスト教は、教育されたものではなくて、18になってから、神学部の先生や、教会に来ている人たちを遠巻きにみて、感じたものだ。物凄く憧れの気持ちがあった。それは自分とは遠くにあったからだ。キリスト教的なものは私から常に遠かった。そして聖書もまた、理性的な解釈ができる年に初めて通読した。(私は新約聖書が本当に好きだが、そこにはハリウッド映画の典型的なプロットがあると考えると辛い気持ちになる)幼い頃から厳格に教育として受けていたら、反発すべきもの、もっと葛藤を生み出すものだったろう。それは、自分が生まれる前にあったもの、自分の了承を得ずに、あったものだ。私がイエスの話が好きだなと思うのは、全体的に世界に対するおおらかな信頼(そしてそれに答えてくれる世界観)があること、キリスト教が権威になるまえの、権威に対して立ち向かっていく態度、そして、ペテロの裏切りと、後悔。(油を足に塗る女も)

「私があなたを愛しているのはあなたがご存知です」

これほどまでの愛があって、それは嘘ではないのに、怖れから裏切ってしまう。

それはあるだろうし、両立する。そういったわけで、ペトロは愛の奴隷ではなかった。でもペトロの中にはそのあとでも、確かに愛があったから、全ては復活した。

(↑ブログに残ってた、ずっとまえの下書き。)

 

f:id:yoknahasegawa:20171012023408p:plain

 

-----

復活とは何なんだろうか一体?

デュアル・シティ の裏には個人的なモチベーションとしては、ラザロの話があった。

 

ラザロは、現実的に、肉体的な復活をしたのではない。周りの人間の、死の見方が変わったのではないか、とそんなことを考えていたような

永遠に、いまこの瞬間に、考え方一つで、触れるような

何かいつも考えているような気がするのに、しばらく時間が経つと忘れてしまって、形になったものだけが残るのは不思議だ。


この下書きも、一体なんの動機で、どういうタイミングで書いて、置いておいたものだったか?真面目っぽくて、恥ずかしくなったんだろうけど。宗教への憧れを封印しているという、「今回」が指しているのがなんなのかも、よく分からない。

 

 

 

 

TABF1日目、2日目

TOKYO ART BOOK FAIR、昨日今日と、お越しいただいた方、本を手にとってくださった方、お買い上げいただいた方、ありがとうございました。

明日はこちら。

・TOKYO ART BOOK FAIR BOOK SIGNING
http://tokyoartbookfair.com/book-signing/
10/7, Sat 16:00 – 17:00
Hikaru Morishita & Naohiro Utagawa & Yokna Hasegawa@SPACE CADET
サイン会 : 10/7(土) 16:00 – 17:00
森下光 & 宇田川直寛 & 長谷川億名 @SPACE CADET

 

------

1日目はかなり緊張していましたが、2日目の今日は、昨日から挨拶していた他の出展者の方とも慣れてきて、ゆっくりとお話できるようになり、お客様で足を止めてくださった方にも作品のことをやや、伝えられるようになったような気がします。伝えようとすることや、その代わりに貰った言葉のよって、気づきが毎回ものすごくあって、人の目に触れるのは怖い一方で、やはり不思議な、予想外の素晴らしい体験です。

あと2日ですが、その日その日の出会いを楽しみにしてます。


まだ自分のエリア(A)しか回れていないのですが、全体ではかなり広いらしく、きっと面白い本が見つかると思います。私自身、スイスの出版社のブースですでに3冊(しかもツケで..)買ってしまった。。とっても変わっていて、瞑想的な面もあり、綺麗な本。

 

SPACE CADETはすごい奥ですが、位置的にはかなり渋い。左隣はnew faveで、中野さんという方と隣り合う機会に恵まれ、「何処かで会わなかったか」という流れで、よく行く場所や友達を挙げ連ねている間に池袋新文芸座の話になり、23才なのに昔の名画や、若尾文子原節子を始めとする女優たちの話が尽きず、「二十四の瞳」の名シーンすら、事細かに話し合え、淡々とした話なのにどこか奇妙で面白かった。


右隣は横田さん、北川さん、宇田川さんのspewで、雰囲気だけでも一見の価値がある程渋い。FREE BOXの中にあるものにも、概念を覆された。宇田川さんとは2013年の時、キヤノン写真新世紀の同期だったけど、それ以降今までこんなに長く隣り合うことはなかったので、こういうチャンスがあってよかったなぁと思う。

今日、最近誕生日だったと言ったら、横田さんと宇田川さんに作品をドサッとといただいて、男気があって敬意を抱いた。あと、私が横田さんの星座を聞こうとしたら、細倉さんが横田さんの星占いをアムスでしてくれていたと知り、キュンとした。。

とにかく交流が全てだなぁという感じで、個人的には貴重な時間を過ごさせて頂いてます。

 

明日はサインの時間があります。SPACE CADETも、勢揃いします。細倉さんもいらっしゃるので益々文化祭モードになりそう。

 

ケータイの写真で申し訳ないですが..>

f:id:yoknahasegawa:20171007020652j:plain

f:id:yoknahasegawa:20171007020707j:plain

f:id:yoknahasegawa:20171007012028j:plain

 

 

 

 

BOOK SIGNING/写真集サイン会

f:id:yoknahasegawa:20171005014327p:plain

 

いよいよ明日から。明日はオープニングパーティがあります。

 

10/7日には、SPACE CADETから新作写真集を出す三名で、写真集にサインをさせて頂くタイミングがあります。他にもリンク先にいくと、全日程で、写真家の方がブックサイニングを行う日がわかります。7日はとても多くて、細倉さんを含めて存じ上げている名前があり、混じれるのが楽しみ。

SPACE CADETにも、気軽に遊びに来てください。

TOKYO ART BOOK FAIR BOOK SIGNING
10/7, Sat 16:00 – 17:00
Hikaru Morishita & Naohiro Utagawa & Yokna Hasegawa@SPACE CADET

10/7(土) 16:00 – 17:00
森下光 & 宇田川直寛 & 長谷川億名 @SPACE CADET

詳細 : about other star photographers and details >> 

http://tokyoartbookfair.com/book-signing/

長谷川億名 写真集『67eyes』

f:id:yoknahasegawa:20171001193037j:plain

f:id:yoknahasegawa:20171003190601j:plain

f:id:yoknahasegawa:20171003190626j:plain

 f:id:yoknahasegawa:20171003190654j:plain

 

長谷川億名『67eyes』

 

Yokna Hasegawa『67eyes』
Size: 297×210mm 40pages
Edition: 50copies
Price: ¥2,500
Publisher: SPACE CADET

 

 

 

 

・生き返ることに対する何か

・「魂の中であなたを呼ぶ物」

・私達は言葉でわかり合うことはなかった.

 

・BAD ETHOS

「むいてささくれたものを撮りたい,

作り込んだものではなく,

いやむしろ、作り込んだ中を裂けてくるリアル」(2012くらいのノート)

 

・自分が欲しているものを深く知る必要があり、全てはそこから始まる.

・誰かと親密な仲になることで、生きる糧になる

 

「この時世界では...」

無国籍/海

コレスポンダンス

 

「(ここから)海が見える」

(d'ici) on voit la mer.

 

 

夜の果てへの旅

 

------

6月にお話を頂いた時、私は気仙沼の明るい素敵なカフェにいた。

1日目の打ち合わせの中で、ディレクターの鈴木さんは、デザイナーの岸田さんがコンタクトにしてくれた、次々と出てくる乱雑で雑多なイメージたちを見て、いつも通りクールではあるが、悩ましそうだった。私自身、途方に暮れていた。

参考として持って行った写真集は、スタジオボイスの90年代写真集特集と、ナン・ゴールディンの手に入れやすくまとめられたテキスト入りの本、清野さんの写真集。

「90年代のスナップ写真の感覚を、イメージが溢れる2017年、現在形にするには?」

イメージ達の中から、鈴木さんは、10年前の映像から切り出したスチールを見出してくれ、次回はもっと持参して、それを中心にまとめて行くことになった。

結果として、一番古いイメージは、12年前のものとなった。

 

1日目、外へ出て、夕方で、二人とも缶ビールを持っていて、「連休最初の日はすごい夏っぽいなぁ」とすーさんが言った。この日wwwの上で初めて細倉さんに紹介してもらった。

ライブ後、久しぶりに会ったごろう君に、「よくな、スッキリした顔してんな。そんなんじゃ、もういいもん撮れねえよ」と言われた。

言って貰えて良かった。と思うと同時に、激しい感情が(ごろう君にというよりは多分自分に)湧き上がった。

私は、「それは確かにそうだ。自分でもわかっている。でも、最近やっと"退院"できたんだ。見ててくれ、これから私は復活する。」

そんな様なことを言った。

 

実際は、2016年、2017年に撮ったものを含めて、様々な年代のイメージが、この写真集の中には入っている。

 

私と道を一緒に歩いてくれた人たち、眩しい日差しの中で、みんな眠る夜に起きて、雨に濡れて、汗に濡れて、机越しに、「禁猟区」で、本を重ねてカメラを挟んで、延々と言葉を費やして、沈黙を恐れず、大切なことを教えてくれた人たちとのeye contactの全てが多分入っている。

 

 

 

同時に

67eyesは、田舎のグロテスクな子供だった私が見た孤独な原風景のヴィジョンで、

今でもたまに見る高校時代の悪夢のように、逃げ回った自分が車窓に見た、脱臼した世界の不可解な美しさで、

一つの人間の意識の流れ(心の中の一瞬)で、

撮りたかったが撮れなかったものへの追想で、

世界が広いことへの歓喜で、

ランダムなアラームがついていて、相手にいつ届くかわからない、時差のあるテレパシーでもある気がする

 

そういったモヤモヤした影、純粋なエゴ、決して理解されやすいとは言えないものが、形になったのは、Space Cadetの鈴木さんと岸田さんとの共同作業の中でだったからだと思っています。

 

色んな感想を聞きたいと思っているので、ぜひ手にとって見てみてください。

取り急ぎ、TOKYO ART BOOK FAIRで5日から、お待ちしております。

 

 

 

 

 

TOKYO ART BOOK FAIR 2017 サイン会など

f:id:yoknahasegawa:20170904174333j:plain

プレス写真: ©Elena Tutatchikova

 

私は、SPACE CADETのブースで写真集『67eyes』を販売します。

10/5は、Door ¥1000でオープニングパーティ、他の日は入場料無料で、SPACE CADETブースでも7日夕方にサイン会もあります。(また詳細お知らせします)

ぜひ遊びに来てください。

bijutsutecho.com

 

f:id:yoknahasegawa:20170923190930p:plain

tokyoartbookfair.com