treasure

ニッポンヴィジョンズ審査員特別賞受賞作品 日本零年三部作第二部、『DUAL CITY』の情報は→ http://ek-stase.under.jp

日本零年三部作、第一作『イリュミナシオン』予告編

映画「イリュミナシオン」情報/ illuminations,le cinema de notre siècle

イルミネーション、私たちの世紀の映画 (google日仏翻訳より)

f:id:yoknahasegawa:20170208150838j:plain

 

色んな声をいただいて、自分も今上映しなくていつ上映するんだ、という気持ちになるときもあるし、

年内にまた、なんらかの形で上映できるようにしたいと考えてます。

2015年一回目のユーロスペースのときの10数名の、時間と空間を共有した方々、

2017年恵比寿のときの方々。ユーロスペースのときに感想を書いてくださった方々もまた来てくれて、感動した。1日目2日目は、場末の映画館ぽい感じだったけど、私はそういう感じがとても好きだったし、一人一人のことが印象に残ってます。

自分は毎回、15分くらい、映画の前にイリュミナシオンについて、話してました。関係している人が会場に来てくれたときには、その人にまつわるお話をしたり(Tokyo Ritualのばんぎさんのお家に泊まったホーリーマウンテンツアーが、日本零年シリーズの、インスピレーションになったことなど。)

 

一方、最終日はほぼ満席で、フレシノ氏や、ゆうせい君や、自分のことを元々知ってくれてる方にもきてもらえて、それはそれで本当に嬉しかった。フレシノ氏と隣り席でみんなに混じって映画を観ていたのですが、映画がスクリーンから溢れ出てきそうで、心臓の高鳴りと混じって、ささくれ立った、ナマモノなのを感じた

 

イリュミナシオンは、私は編集含め、100回以上見ていると思うけれど、いまだに魅了されます。人を選ぶと思うけれど、興味があったら試しに見に来て欲しいです。

今回こそは、パンフ(fan zine)を用意したいと計画してます

一度以上見に来てくれてる人にはただで贈りたい。

 しばらく放ったらかしにしてしまっておりましたが、ここでいろいろお知らせしていきます。→

twitter.com

 

ドラッグ、とあえて明記するには、それなりの気持ちがあります。

カネの流れ的な(アヘン戦争的な)、意味でのドラッグについては否定的な気持ちしかないけれど、ファンタジーが必要なのは人間みんなそうで、どれだけ犠牲者であり、その中でどれだけ隠れた聖域で、(なんとか抜け道を探して)みんなが楽しんでいるか、ということだと思います。できればシステムや多数の原理の、鼻を明かして笑う映画を次は作りたいですが。

イリュミナシオンで私が好きなのは、とてもノスタルジックなこと。求めるのはサイケデリックな夢ではなく、過去の良かった時代。

自分はそういう価値観で生きてはいないけれど、日本の90年代の喪失、00年代、いま、未来、と考えていくと、映画の中で描かれている方が、集団深層心理なのではと思えてくる

 

 

 

恵比寿のときの写真

みきちゃんや、ほかの人とも撮りたかった。(余裕がなくて残念。。)

f:id:yoknahasegawa:20170209150646j:plain

 

f:id:yoknahasegawa:20170704014352j:plain

 左)ヨウスケ役 フレシノ氏、右)キクチ役 yusei氏

f:id:yoknahasegawa:20170704014255j:plain

 左から、ソラさん、フレシノ氏、自分

 

f:id:yoknahasegawa:20170704014450j:plain

 キュレーターで全面的にバックアップしてくださった、

森宗厚子さんと、上映後のトークにて。

 

 

 

 

 

 

Cellule du soleil

f:id:yoknahasegawa:20170630011006j:plain

f:id:yoknahasegawa:20170619150636j:plain

f:id:yoknahasegawa:20170630011045j:plain

f:id:yoknahasegawa:20170619150747j:plain

f:id:yoknahasegawa:20170630011145j:plain

f:id:yoknahasegawa:20170619150821j:plain

f:id:yoknahasegawa:20170630010949j:plain

 

my friends always tell me my poetry is beautiful.

but for me,it is just an e-mail. serious,sober realistic mail,ha.

i thought i had to learn foreign language more several months ago.

now,i think i want to enjoy my broken english till "heat death",the moment

the level,that

i v held my message and my english tightly. 

like fake oneness.

i want to enjoy to be broken or break.

because through this slit,some amazing thing come in.

like angels

of el greco

drops and waves

comme la lumière

btw i couldn't remember how we met in the previous time.

because i'm such a spritual person,if i could feel destiny,i always make retrospective and search my upstream of memory even before my carnal things.

i wonder we are scientist and laboratory animal?

because i am always happy and filled with not linguistic time.

nostalgia.

you helped me.

other side.

without desire.

like others blood.

it undulates

and try to melt myself.

i wanted to bark like "Bow-wow"!

as honesty

aka joy

comme les Amants du Pont-Neuf.

but after all i can't know and i won't be able to know forever in this life.

why and how

sun knows about it?

because it is the king of our system.

my friend let me know everything goes dying by this heat.

between cold and hot.

between parallel and parallel.

hold a hand

in the harmony and confusion

closer / further

meet and meet again.

i can see a double bow-shaped world.

anyway i enjoy

being one of ton of cells of sun,

whatever 

wherever

whoever

Des journées entières dans les arbres

f:id:yoknahasegawa:20170615000047j:plain

f:id:yoknahasegawa:20170610163200j:plain

f:id:yoknahasegawa:20170615000143j:plain

f:id:yoknahasegawa:20170615000701j:plain

 

f:id:yoknahasegawa:20170615000105j:plain

 

 

Anniversaire de lloy

 

f:id:yoknahasegawa:20170601234626j:plain

f:id:yoknahasegawa:20170601234702j:plain

f:id:yoknahasegawa:20170601234647j:plain

 

f:id:yoknahasegawa:20170601234614j:plain

 

model : Yuko (lloy)

hair & make up : Kaori Nukima

photo : Yokna Hasegawa

 

6.1はlloyの日。yukoちゃんが数日前に買ってきてくれた芍薬がすごく綺麗で、いい匂いだった!yukoちゃんには、花言葉や花の名前を教えてもらったり、小鳥を見にお散歩したりするといった何気ない自然に触れることから、信じることの強さ、肉体的なストイックさ凛々しさ、万札千円札を渋谷に投げ捨てる豪快さ!本当に色々なことを見せてもらい、教えてもらっています。聖なるものと邪悪なもの。文武両道。自分自身であること。何よりも海のような無条件の愛でいつも私を迎えてくれる、唯一無二の人です。

 

ヘアメイクの香織ちゃんには、私はいつも何か大切なことがある度に、髪を切ってもらっていて、「シュッとしつつも、ルーズさが欲しい」などという矛盾した無茶振りを、天才的な発想で解決してくれます。CLEFというお店で普段活躍されているので、是非遊びに行ってみてください!お店もアットホームで、香織ちゃんもとっても優しい人です。

lloyはいまアルバム制作の真っ最中だそうです。詳しくはyukoちゃんのfacebookなどを要チェック。

https://www.facebook.com/yukokat.lloy?pnref=story

 それまでの世界が混沌の中で燃え上がっていくような衝撃的なライブパフォーマンスを見てから、何年経ったかわからないけれど、こうして変わらずマイペースに関わることができて嬉しい。

 

lloyの日おめでとう!

 

 

yukoちゃんは、雑誌「infomental」の時の表紙を飾ってくれた、傾城の美女の正体でもあります。5年経ってるし、そろそろ雑誌もまた作りたい。

f:id:yoknahasegawa:20170602011045j:plain

 

 

最後に、lloyのVJをやらせてもらった時、製造したデモ映像。CGへの憧れが既に垣間見える。こういうのを見ると、何でもできそうな気がするし、

久しぶりにマイ実験室で作る系のブラッドミュージック的映像も、量産したい気持ちもしてくる。