Truant

truant

胎児は子宮で見る夢の中で、想像を絶するほどの歳月をかけた生命の進化の歴史をおさらいしているそうですが、

「この夢はふつうの夢ではなく、掌の上で“つまみあげることのできる”」夢で、「現実に触れる事ができる」ほどにリアリティーがある。

 

 ドンキホーテも然りで、計画性にも欠けるし、どう考えても賢くはない。ただただ「呼びかけに反応している」だけ。

 

かけがえのない関係というのは、そんなふうに両者を切り離して語ることのできない相互浸透的なものであり、どこかで必ず自分こそが相手に応答できる唯一の存在であるという直感を抱かせてくれる