読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニッポンヴィジョンズ審査員特別賞受賞作品 日本零年三部作第二部、『DUAL CITY』の情報は→ http://ek-stase.under.jp

日本零年三部作、第一作『イリュミナシオン』予告編

何にでも隙はある

だが、本屋に行った一番の目的は実はBleeding Edgeの立ち読みだった。

郵便事業とピンチョンの感じを再確認するために本を読もうという気持ちが主だったんだけど、ピンチョンは当然のように、すでにアンダーグラウンドインターネットをモチーフにした作品を書いていた。

しかも、子持ちの主婦の、元女探偵?が主人公らしい。

めっちゃ面白そう、

 

先日、インタビュー録音をさせて頂いたIRAに、島へ行く前に挨拶に行って、成田さんにも、ハッカーはどこにいるんでしょう、ディープなウェブ世界を知りたい、という話をした。

 

その時教えて頂いたのが、フリーで映像、音楽ファイル等をダウンロードできる海賊サイト運営をしていた、TPB、パイレート・べイ

世界の海賊党激震!ピーター・スンデ(パイレート・ベイ)逮捕 - NAVER まとめ

パイレート・ベイを追った、字幕付き映画が見られる。基本、ハリウッド(など?)からの著作権侵害の裁判の進行に従った映画だけど、裏が見える展開もあり、人物達の行動もワールドワイドで、個性もあって面白い。音楽もカッコいい。

 

全自動兵器の話にもなり、

「ほんと、戦争ほどの商売はないよね。不況知らずでムカつくよね」

これから戦場に人間がいなくなって、機械が、生身の人を殺していくという形になるだろうけど、という流れで、二つのすごく最高な作品について聞いた。

 

○一つは、アプリで、これは、ドローンという、無人飛行機で人が殺される度、スマホにそのニュースの情報が送られてくるというものだ。また、地図でも赤い点がついて、どこでドローンの爆撃によって、人が殺されているのか、見ることができる。

「ドローンというのは、いつの間にか来て、誰にも知られずに、爆弾を落として去っていく。それを可視化する。」by成田

Phone でドローンを追跡: アップル社 「ドローン攻撃追跡アプリ」への反対を取り下げる

海外における米国のドローン攻撃を全て追跡できる新しいiPhoneのアプリがリリースされました。アップル社は、ニューヨーク大学の大学院生ジョッシュ・ベグレーが開発したこのアプリの様々なバージョンを、この2年間で少なくとも5回以上却下してきました。しかし今回『Metadata +』(メタデータ・プラス)という名前で、ついに利用が可能になりました。ドローン戦争を描いた「ワジリスタンの傷」(
Wonds of Wazristan) の映画監督のメディーハ・タヒヤーは、「アップルが、政治的理由でこのアプリの承認を先延ばしにしていたのは明らかです。ベグレーはその却下理由を避ける策を見つけたのです」と言います。

 

○もう一つは、pdfで、ドローンの機体のたくさんの形が書かれていて、銀紙に印刷して使う『ドローンサバイバルガイド

無人攻撃機からの生き延びるための超実用的ガイドブックが登場 | BUZZAP!(バザップ!)

f:id:yoknahasegawa:20140811012859p:plain

ドローンを発見できると同時に、この銀紙は、日光を反射させ、ドローンの視界を遮る道具にもなる。

「銀紙っていう、とてもプリミティブなもので、すごく大きな資本と力で作られた飛行機に対抗する。それはとても希望がある」

 

『何にでも隙はある』という結論になった。

 

私からは、最近さほちゃん

✩とみぃ✩ (hashimotronika) on Twitter

と結成した部活の話などをした。ARGの概念を知って(エッジ・ゲームはやっぱり聞き間違いだった。)自分のエッジ・ゲームの概念がそれとは少し違うとわかった。自分の感覚の(誤読の)、エッジ・ゲームというのは、コミュニケーションゲームではあるけど、どちらかというと、即物的というか..、覚めてるというか。守るべき世界観はなくて、ゲーム的ではない。かなり現実的、サバイバルの要素があると思った。(私の中では、成田さんから聞いたこの二つは、ものすごく理想的だった。何にでも隙はある、という考え方も)

 とりあえず、ハッカーの思想

How To Become A Hacker: Japanese

、に一言で言えば憧れてるのかもしれない。

 

部活は、渋谷周辺で、これからも定期的に稽古をしていくと思います。

bangiさんが紹介してくださっていた、『演技者へ!』っていう本をテキストに、実践していく予定。私はグロトフスキの身体訓練、唐の『特権的身体論』も興味がある。

みんなが興味のあることを持ち寄って、まじめに稽古していく感じ。あと自分は監督じゃなく、一部活員として勉強してます。

参加したい人は連絡ください。

 

あと、髪を青くした。『アデル〜』の影響と思われると痛いけど、見てない、かつ、違います。 

結果的に、とても気に入ってる。