読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニッポンヴィジョンズ審査員特別賞受賞作品 日本零年三部作第二部、『DUAL CITY』の情報は→ http://ek-stase.under.jp

日本零年三部作、第一作『イリュミナシオン』予告編

 

 

freeze meという言葉が好きだ。映画はまだ観ていない。いつでも手放せるように、色々なことを知って行く。もしくは相手を許せるように。銃を撃った時の小さな生物みたいな反動が確かに面白かったこと。非常に不完全だ、6発の命は肉の墓場もなく終わってしまった。一方、飛行機はあんなにハリボテみたいなのに、私の不安だけで落ちたりしない。せっかく人生の舞台に立てたのに、また引き戻されてしまった気分だ。今もあの場所がどこかにあって、大勢の人が来て戻って行く。名前と台詞は捏造していかなければならない。好意の尺度も、借りた本の数も。私にはなぜ液体的な要素が無いのかと思う。それがあれば、満たされたのに、とよく考えるんだよね。空を心の鏡のようにして、愛を語るあのシーンが好きだ。私のドライな論理の回り一面に真っ赤な夕焼けの線が走っているのを見て、孵化する時は、中では、こんな風に見えているのかという気もした。深海には入ってこない温度のある色。深いほどモノトーンに近づいて行く、青くなるのだ。誰よりも孤独で、誰よりも高い、誰よりも熱く、誰よりも遠い。