Truant

truant

la fureur de ce que vous pensez

この熱き〜のオリジナル版。最初はカッコいいとかセクシーと思っていたけど、何度も繰り返し見てると儚すぎて涙が出てくる。

人形みたいに見える「彼女たち」(=全員ネリーアルカンの別の側面)も、ハイヒールやドラッグがトーテムである種族の幻滅と夢や美の同時進行も、狂気と少女性の同時表示も、半分があっちの世界の舞台構造も、フランス語のオーバーラップする声も、色も、全部好きだなぁ。本当に好き。

でもフランス語の魅力が大きいと思うし、日本版は、またぜんぜん違ったものを期待。

脚本の形式も見てみたい。わくわくする