treasure

ニッポンヴィジョンズ審査員特別賞受賞作品 日本零年三部作第二部、『DUAL CITY』の情報は→ http://ek-stase.under.jp

日本零年三部作、第一作『イリュミナシオン』予告編

michelangelo surge

良かった、

もうあと二日だけど

 

レオナルド×ミケランジェロ展|三菱一号館美術館(東京・丸の内)

 

ミケランジェロの<レダと白鳥>の頭部のための習作、

ずっと見つめていたくなる

繊細な横顔、

f:id:yoknahasegawa:20170922003307p:plain

レダを男性モデルで描いているのも面白い

ミケランジェロの純真さというか、この世のものではないものを感知し、

現前させる力/肉体を、非常に尊く思いました。

普通の感想だけど、

本当に大好きなのです!!!!!!!!

衣服のヒダフェチなのも、私もそうで、そのフェティシズムの出処はわからないが、何人か同じことを言ってる人がいるから、何か意味があるのだろう。(*光を可視化させる意味?)中学生の時に家族旅行で「サモトラケのニケ」を見てしまって、そのせいかもしれない。なんでもエロスに結びつけるのも単純だけれど、翼も襞も、(Pas de couの美しさの限界越えも、)、考えてみたら初恋のようなものなのかもしれない。彫刻に抱きついて壊してしまう人の気持ちがわかる。(ロダンは中でストーリーが完結しているからか、そういう衝動はなかった。うっとりはしたけど。)

f:id:yoknahasegawa:20170922003634p:plain

 

でも、実際の<レダと白鳥>だと、ダヴィンチの発想がすごく気持ち悪くて/現実的/肉化していて/

勉強になった。

 

 

岩成達也の詩を読みながら眠る!

 

 

1.グリッドが気になる。気になり始めてから集めると、割とあるので、ありふれたイメージなのだろうが、心情的にはどういうことなのだろうか?このgoogle 画像検索の大量の結果が並んでいるのも、私の中だと同じイメージに入る。とりあえず集めている。

 

2.soundcloud危機の時、すべてのデータをローカルにアーカイブした人の気持ち。toutes tes histoires.面白さ。人間心理。形のないもの。ボルヘス的数奇者(?)。Human surgeを見てから、相当明確になった部分がある。ローカルなポイントをディテールまできちんと描いて、制度ではなく、生態系の網目を使い、グローバルにつなげる。山井くんと情報交換させて頂いた、90年代のアニメなどの世界観が、現実化してる話。昨日ちょうどDazedで「パーフェクト・ブルー」のセレブリティ心理の予言性の記事もあったりして、なんでインターネットはいつも「ブルー」なのか。占星術の12室との融和性。最近、大きな映画を撮る前に、DUAL CITYの企画段階だった「アビス」にあって描けなかった、ディープインターネットや、情報圏、ネットワークで暗躍するウィルスやハッカー達の話題や、Forceのうねりを、形にしたいなぁと思っている。その契機はそれこそ、「90年代の現実化」のような人たちを世界各地に数人ずつ知り始めて、アビスで登場予定だった人たちが現-肉化している、つまり、もっと言えば、その時当て書きしていた私の昔の友達の面影のある、その上、相当バーチャル化している人たちに出会って撮りたくなったことと、Human surgeを見て、トスをしてもらった感じ、

 

 

 

3.写真集。もうすぐできる。テキストを入れるか入れないか、迷ったけれど、最後の最後まで粘らせていただいて、入れることにした。一つの本を作るのは大変勉強になることだった。私がいま持っている写真集といえば、清野さんの二冊とナン・ゴールディンだけで、全く違うけれど、一つだけこうだったらいいなと思ってるのは、何度も様々なタイミングで、ついたり離れたりして、人生=旅に誘えたらいいなということです。

大変辛抱強く形にしてくださった、Space Cadetの鈴木さんと岸田さんには感謝しております、