Truant

truant

Eraser(2011) Reupload

最近、メールをいただいて、「Eraser」という、非公開にしていた昔の動画をまた公開の状態にしました。

Eraser(2011) from yokna patofa on Vimeo.

HTRKのEat Yr HeartのMV
と、同じ映像からの編集で、別のバージョンになります。
このHTRKのMVだと他者!を食べたいと思うこととか、欲望の残酷性にフォーカスしているのと、失敗しているところはカットしてますが、
Eraserでは、ツッコミどころを超えて、逆に想像もつかないものに、自分が侵蝕されていく感覚を作り出そうとしていた気がします。最初は痛みがあるが、最終的には安らかさに行き着いていて、でもどちらも終始、状況について一個の存在は何もわかっていない、果てしない箱庭の感じがあって、それは私自身の価値観でもあります。


「以前、日本のサラリーマンが歩いている中で、スローモーションで男がhiohopダンスを踊っている動画があったが、今はあなたのチャンネルからは消えている。あれはあなたのビデオだったのか?街が水族館のようですごく美しくて、ずっと聞きたかった。」とそれまで知らなかった遠い国に住んでいる方に言われ、インターネットっぽいと思ったのと、そういう、ネットっぽいコミュニケーション自体、久しぶりのことだったので、嬉しくなりました。
一時期、ちょっと映像が持つ感情の起伏が激しかったり、美術やメイクのクオリティなど(自分とトムで作ったので)恥ずかしい部分があって、非公開にしていましたが、

今みると、完成度は足りていないし子供っぽいながらも、圧倒される空隙もあって、自分としてはやっぱり好きな存在です。(消していたのは自分ですが)

 今月末、大阪での上映も、よろしくお願いいたします。

 

yoknapatofa.hatenablog.com

このEraserは、処女作のイリュミナシオンや、キヤノン写真新世紀より、前の映像なので、(かつ、世界観的にはデュアルに似ているかも)流れがわかりやすくなるかもしれません。
シネヌーヴォ での短編、30分、何を流すか、悩みます。。

 

<